ビタミンB12

 まず、葉酸と協力して赤血球の生成を促し、貧血を防ぎます。

 次に、経細胞内のたん白質や脂質、核酸の合成を助けて、神経機能を正常に働かせます。

 赤血球の生成を促す働きがありますので、不足すると貧血が起こる可能性があります。

 また、手足がしびれたり、神経過敏になる等の症状が起こりやすくなります。

 いらいらしたりすることもあるそうです。

 胃から分泌されるたん白質の一種がないとビタミンB12は吸収されたいため、胃を切除した方や吸収力の低下した高齢者の方は不足する可能性があります。

 さらに、ビタミンB12は動物性食品に含まれるため、菜食主義の方も積極的に摂るように心がけたほうがよいでしょう。

 最後に、神経の機能維持に関与し、肩こり・腰痛の緩和に役立ちます。

 < ビタミンB12が多く含まれる食材 >

 鶏レバー しじみ 紅さけ サバ 卵 かき たらこ さんま にしん かつお節 めざし ほっけ しじみ あさり はまぐり ほたて ほしのり 味付けのり

 < ビタミンB12の1日に必要な量 >

 成人男子:2.4マイクロg 成人女子:2.4マイクロg

 < 効能 >

 貧血防止、肩こり・腰痛の緩和

 < 不足するとなりやすい症状 >

 皮膚や白目が黄色くなる(黄疸とは異なる)、歯茎が紫色になったり出血しやすくなる、舌の痛み、吐き気、食欲減退、頭痛、記憶障害、運動神経や知覚神経のマヒ、うつ状態、体重減少、生理不順

 < とりすぎるとなりやすい症状 >

 1日3000μg以上とると、顔面および手のしびれがあらわれることがあります。

広告を非表示にする