病識が無い?

双極性障害という病気があります。昔は躁うつ病と呼ばれていました。異常にはしゃいだり活動的になる躁状態うつ状態が交互に現れる病気です。

詳しくはコチラ

社会的には、うつ病の人より問題行動を起こしやすいといわれています。特に躁状態のときには。

今、大騒ぎしている渦中の人も双極性障害ではないかと思うのですが、おそらく精神科医の人たちもそう思っているかもしれないのですが、触らぬ神に祟りなしということでしょうか。

あの人おかしいなと周りが思っていても、この社会では、医師の診断がなければ問題にはされません。裁判でも医師の精神鑑定によって判決が左右されます。

しかし、犯罪を犯してしかも逮捕されない限り、強制的に精神鑑定はできません。それだけ人権が守られているということでしょうが、

精神病の場合、自分が病気異常であることを認識していない場合がありますので病識がないといいます、そこが厄介なのです。

仕事になるのでマスコミが面白おかしく報道していますが、果たしてそれでいいのかと思います。

広告を非表示にする