無事終了

 なんだかんだと言いながら 無事 発表会が終わりました。

 今年は 初めて「弦楽四重奏」を体験させていただきました。

 教室でリハを1回やっただけで本番 という私にとっては非常に無謀な状態で当日を迎えました。

 今回は初めてのホールでしたが とても素敵なホールで 音響も「これでもか!」というほど響きます。

 ほかの方の演奏を聞いていると 響きすぎて ピアノの音が大きく、弦の音が聞こえにくい・・・

 困った! どれくらいの音量で演奏をしたらいいかわからない・・・

 いよいよ私の番になったのですが、その時 やっと もっと重大なことに気がつきました。

 弦の音がほとんど私に聞こえてこない・・・

 音は 会場に向かって飛ぶので 弦の後ろにいる私の方には あまり聞こえてこなかったのです。

 前奏が始まり リハとは違う音の響きに戸惑い 結局1小節遅れて弾き始めました

 相手はプロなので そこは上手く合わせていただけましたが、最後まで 弦の音が聞こえないままの演奏となりました

 いやぁ こんなはずではなかった!

 客席に戻り 初めて私の演奏を聴きに来てくれた主人が

「一番 バランスが良かったで」

 と言ってくれました。(これは お世辞ではないと思います)

 佳子先生も バイオリンを担当してくださった薗子先生も こっそり聴きに来てくれていたお友達も 褒めくださいましたが、自分の中では まだまだ消化しきれない 満足できない演奏でした。

 

 「今年の発表会が最後かなー・・・」

 と思っていましたが 

 「来年 リベンジしてみようか」

 と思うようになりました。

 先日 BSで「カルテット」と言う映画を見ながら ますます

 「いやいや これで終わりではない!」

 と思うようになりました。

 さて 来年は 何を弾こうか?

 ソロより 今年のようなアンサンブルがしてみたい♪

広告を非表示にする