かなり前のテレビ番組だが。

旅先で観たテレビ番組なので放送局は不明だが、昔、肝試し番組でこんなのを観た。

剣道の達人、

トラックドライバー、

鳶職人、

誰が一番肝が据わっているか。

ある寺の山門から墓地を通り、本堂の御本尊の正面に特設した蝋燭に火を灯す。

スタッフが、

ガラガラっと崩れる卒塔婆

人魂、

幽霊の人形、

でおどろおどろしく驚かせる細工をする。

しかし、一番怖かったのは住職。

暗い本堂の片隅で、近づいて来る灯りを待ち受け、挑戦者が本堂に現れて、蝋燭に火を灯すと、反対側からぬうっと現れ、ご苦労さんと労うのだが、

作り物ではない、

本物の僧、

が、真骨頂。

ひょっとして、このイベント、最後に住職が素でお出ましになるのだろうか、と、ふと思った。

お坊さんが本気で考えた「お寺で きもだめし」の看板が話題に どんな内容なのか聞いてみた